ふくもりブログ

肘の痛み、手関節の痛みに対するストレッチ

小牧、春日井(勝川)エリアの接骨院、ふくもり接骨院です。
五輪のメディカルトレーナーでもある院長が、直接施術や指導を行っています。

さて今回は、肘の痛みや手首の痛みを軽減、予防するストレッチをご紹介します。

 

手関節や、肘関節の痛みは、前腕筋群が硬くなっていることがあります。そんな時のストレッチングです。肘の周りの筋や、手関節の周りの筋肉が柔らかくなります。

慢性的な関節痛を改善するRealine Coreとは?

春日井(勝川)、小牧エリアの接骨院、ふくもり接骨院です。
慢性的な関節の痛みや、怪我の後遺症で痛みが何度も再発するような症状の場合、骨の位置関係がズレていることが根本原因である可能性があります。こうした場合に有効なのが、リアラインと呼ばれる矯正器具です。

 

骨盤安定と、胸郭の体操です。体操後は、肩甲骨の可動域や、骨盤の安定が改善され、パフォーマンスも良くなります。

体幹を鍛えて長友選手のような強靭な身体を手に入れる方法

オリンピックのメディカルトレーナーが施術を行う春日井の接骨院、ふくもり接骨院です。

本日は、サッカー日本代表の長友選手が、世界で活躍する足がかりになった筋トレ法として有名になった体幹トレーニングのご紹介です。体幹は、全ての動作の起点となる重要な部位です。体幹を鍛えることで、中心軸がしっかりして身体のブレが少なくなり、エネルギー伝達のロスが減ります。その結果、パフォーマンスをアップさせられたり、バランスを崩して転倒するようなことが減るため、怪我や障害を予防することができるようになったりします。

体幹を鍛えるメニューです。 

けが等で合同練習ができないときや、シーズンオフの体幹を鍛える時期に行うのが良いでしょう。
オンシーズンに行っても良いメニューです。

膝の痛みでお悩みの方に!大腿四頭筋のストレッチ

春日井市の接骨院、ふくもり接骨院です。
オリンピックのメディカルトレーナーでもある院長が直接施術を行っています。

本日は、膝の痛みの軽減と、障害予防のためのストレッチのご紹介です。

 

大腿四頭筋には、大腿直筋と、中間広筋、内側広筋、外側広筋の4つの頭を持つ筋肉があります。
各々の筋を別々に伸ばすことによって膝蓋腱に加わる痛みの軽減と、障害予防になります。

上腕三頭筋の筋力トレーニング

水泳フリー・バックの選手(小学生)に、上腕三頭筋の筋力強化のため、腕立て伏せを教えました。わきを締めて行うのがポイントです。次の大会で、自己新記録が出るように頑張っています。

背筋と殿筋の筋力トレーニング

スポーツ選手に必要な背筋と、殿筋の筋力強化運動ですが、成長段階の選手は、膝を伸ばすよりも曲げて行うことで、分離症や、腰椎疲労骨折の心配が少なくなるでしょう。 腰痛の既往がある選手も、膝を曲げて行う方が良いでしょう。

ジャンプを自由自在に操るトレーニング

バレーボール選手に、デプスボックスジャンプを指導しました。競技特性上必要ないと思いがちですが、ジャンプ踏切りぎりぎりまで、ジャンプの方向を変化させることができます。(高負荷トレーニングになるため、専門家の指導が必要です。)

競泳で腕の回しを早くするトレーニング


競泳(バタフライ)小学5年生選手が、腕の回しを早くしたいと相談うけました。 肩関節求心を強めるため、肩ローテーターカフの強化のため、近位抵抗を使った、チューブエクササイズを5分間行った前後の画像です。 明らかに腕回しが早くなっていました。 私か所属している FTEX instituteの機能的な動作獲得の成果です。
http://www.ftex.org/ 

膝の手術後のトレーニング

サイドランジ 横の動きを素早く、力強く動けるようにするためのトレーニングです。ACL 術後の柔道選手に指導しました。

バレーボールの前方レシーブ対策

バレーボール競技 前方へのレシーブ対策として、少しでも早くレシーブポジションに入れるようにスプリットクリーンの練習中。 なるべく早く、そして低くできるように指導しました。

体幹の回旋を強化するトレーニング

体幹の回旋強化(trunk-rotation)を指導しました。柔道の小内狩り、大内刈りのイメージで行いました。

ナショナルチームのサーキットトレーニング

ナショナルチームの合宿に来ています。練習前のサーキットトレーニングです。軽く見えますが、かなりキツイ!

ジャンプ力を高めるトレーニング

ジャンプ力をつけたいとバレーボール選手から相談され、セカンドハイスナッチを指導しています。以前より高く飛べるようになったとか。 パフォーマンスが良くなるのが何よりの喜び。次は、レシーブの時速く態勢に入れるように、ロークリーンを憶えてもらう予定です。 — 場所: ふくもり接骨院

膝の手術後のトレーニング

ACL損傷術後の柔道女子選手。払い腰の基礎練のつもりで、クリーン&プッシュプレスを指導しました。体幹がしっかりしてきているので、初めてのトレーニングも上手です。次回は、大内刈りとのコンビネーションのため、回旋のトレーニングを予定してます。